ニーズに合わせた基板を

Googleは、ウェブページの表示速度を検索順位を決める要因の1つとして採用したことをウェブマスター向け公式ブログで明らかにしました。ページの読み込み時間をアルゴリズムに組み込む予定だということは去年に発表されており、ついにそれが実現化したことになります。まず重要点を3つリストアップします•Google.comの英語の検索ですでに導入済み•影響を受ける検索は限られていて全体の1%以下•200以上のアルゴリズムの1つに過ぎず、関連性がもっとも重要視されることに変わりはない順位決定のアルゴリズムにページの表示速度が組み込まれたということは大きな出来事ですが、過剰に反応することは控えた方がよさそうです。表示速度と関連性のどちらが重要かと問われたら、間違いなく関連性の方が重要です。先に関連性・有益性ありきです。その上で速ければなおよい、ということになるでしょう。同じようなクオリティのページ(サイト)があって甲乙付けがたい場合、片方は軽快、もう片方は鈍い、となれば速い方を選ぶのはごく自然です。それでもスピードそのものが真っ先に求められる要素ではありません。200以上あるアルゴリズムのなかの1つの要因で、ウェイトもけっして大きなものではなさそうです。テストを重ねて、Google.comの英語の検索で2、3週前に導入済みだということです。したがって、Google日本や日本語の検索ではまだスピードは考慮に入れられていません。

昨今、結婚をせずに、仕事に生きている女性が多くなってきていますよね。昔なら、もう結婚をして、子どもも居てる歳のかたのシングル率が統計的にもとても増えています。シングルの増加の理由は、まずは晩婚化です。年々晩婚化は進んでいて、いつかは結婚をする人でも、シングルでいる期間が長くなっています。そして、生涯未婚率の増加も理由の一つです。生涯未婚率とは50代以上で未婚の人を言いますが、1955年男性1.2%、女性1.5%だったのが、2000年では男性12.6%、女性5.8%に増えていました。最期に離婚率の増加もシングルの多い理由でしょう。平成に入った頃から増え続け、今ではバツイチの人も珍しくありません。一度結婚したけれど離婚の道を選んだ人は、経験により結婚のメリット・デメリットが分かります。結婚のデメリットは、とにかく自由がない事です。ですのでセカンド・シングルライフは非常に自由気ままで快適に感じ結婚は二度と勘弁となる人も多いのです。

桜川のいい歯科