物件数がとにかく多い

また影響を受ける検索は全体の1%にも満たないとのことです。1%といってもGoogle.comの検索ボリュームを想像すると相当の量に思えますが、それでも影響範囲は限定されているようです。エクセルやワードの作図機能を使って、図を作る機会は多いですよね。このとき、「Shift」キーや「Ctrl」キーを上手に組み合わせると、
効率良く描けます。ワードやエクセルで正方形や正円を描くときは、「Shift」キーを押しながらドラッグすればOKです。例えば、パーティーの席次表。丸テーブルを示す正円を描いたり、席次を表す円をいくつもコピーしたりしますが、こんなときに、「Shift」キーや「Ctrl」キーが活躍するのです。エクセル2007やワード2007で図形を描くには、「挿入」リボン→「図形」とクリックします。現れた画面で、描きたい図形をクリックします(以前の版のエクセルやワードでは、メニューバーで「挿入」→「図」→「オートシェイプ」とクリックして、画面下部に現れる「図形描画」ツールバーから図形を選ぶ)。正方形や正円を描くときは、キーボードの「Shift」キーを押しながらドラッグします。こうすれば、たとえマウスを大雑把に動かしても正確に描けます。 同じ図形をコピーするときは、「Ctrl」キーが便利。一つ図形を描いたら、その上にマウスポインターを乗せます。ここで「Ctrl」キーを押してみましょう。すると、ポインターのわきに小さく「+」が現れます。この状態でドラッグすれば、その場に同じ図形が作られます。「コピー」と「貼り付け」機能使うよりもずっと簡単です。

景気がよくなってきたので貸事務所・賃貸オフィスを大阪で調べよういろいろ物件を探さないといけないぞ。